49:2016年度の締めくくり…??

2017/02/27 3:09 に Reina Yamaoka が投稿   [ 2017/02/27 3:10 に更新しました ]

ご無沙汰しております.

今野研究室 B4 山岡です.


春一番が吹き抜けて,少し暖かくなってまいりましたが,皆様いかがお過ごしでしょうか.


今野研究室では,卒業論文最終発表を2月13日に全員が無事に終えることができ,また,本日は卒業論文を修正した最終版の提出を致しました.

去年の今頃は,先輩の追いコンのための作業をしていた事を思い出し,光陰矢のごとしで今度は私が追い出される側になったのだなぁ…,と感慨深いものがあります.

思い返すと,今野研究室に配属されてからの2年間は学ぶ事が多く,1日1日が短く感じた日々でした.
特に,卒業論文の中間発表や最終発表での準備において,先生や院生の先輩方のコメントというものは1つ1つがこれからの資料作りや,説明をする能力などにつながるものだったなぁ…と思います.

卒業論文や予稿の執筆では,自身の語彙力や文章能力,説明能力の無さ等に愕然とすることもありましたが, 先生や院生の先輩方,共同研究者の多大なサポートによって,なんとか卒業論文としての体を整えることができ,提出にまで至ることが出来ました.

そして,卒業論文の提出が終わり,B4は残すところあと,卒業に向けての諸々の準備,机周りの片付け,B3への研究の引き継ぎ作業のみとなります.

と言っても,今野研の8期生は私と清水くんは院進学のため,1度追い出されますが,また戻ってきますので,今後も今野研究室で研究を進めていき,学会発表に向けての準備をしていきます.

また,9期生(B3)は,来年の卒業研究に向けて8期生にアポイントを取り引き継ぎ作業を行っている者や,新規で研究テーマを決めるために先生にアポイントを取り研究テーマについてのディスカッションを行っている者もいます. 来年度は一体どのような新規テーマが行なわれるのかとても楽しみです.
昨年より,何度か9期生より研究についてのディスカッションのアポイントがあり,ディスカッションを行いました.
8期生でもゼミ2を通して,研究でうまくいかないことが分かったりすることで頓挫してしまい,研究テーマが急遽変わった者もいましたが, 春休みの間に研究テーマについてのディスカッションや,準備を綿密に行うことで,スタートラインやその後の研究の進行度が全く変わって来るように思います.
その為,春休みという時間は学年が上がる,または社会人になる等の準備のために大変貴重な時間だと思うので,私も春休みという時間を有効に使っていこうと思います. それでは,皆様体調にお気をつけてお過ごしくださいませ. 2017/2/27 山岡
Comments