Research Topics


現在では,政治・経済・教育・娯楽など本当にたくさんのサービスがコンピュータを使って提供されています. ですが,これらサービスは利用する側に一定以上の知識・スキルレベルを要求するものがほとんどです. そのため,初心者・高齢者などの情報弱者と呼ばれる人々には,使い勝手が良いサービスであるとは必ずしも言えないものになっています. 本研究室では,これらの問題を解決するために人工知能・エージェント技術を用いて,利用者にとって使い勝手の良いサービスを提供するための研究を行っております.


GPSと地図情報を用いた児童の見守り支援

児童の安全を守るためのサービスの一つとして児童の位置情報通知サービスがあります.しかし,現在の位置情報通知サービスは保護者に対して児童の現在位置を通知するのみで,子供の状況を把握することは困難です.本研究室では,位置情報に様々な地域情報や周辺状況をを加えることで,保護者の児童の見守り作業を支援するシステムの研究を進めています.



吹奏楽団向けの電子譜面システム

タブレット端末の普及に伴い,その特性を活かしたアプリケーションの開発が行われています.電子譜面アプリケーションもその一つです.しかし,現在の電子譜面アプリケーションは個人(特にピアノ演奏者)向けに設計されています.本研究室では,吹奏楽団(多人数)向けの電子譜面システムの開発を行う事で,演奏者にかかる負荷(譜面のページめくりなど)を軽減することを目的としたシステムの研究を進めています.


AR技術を用いた避難行動・ナビ支援

拡張現実(Augmented Reality)技術を用いて様々な支援システムへ応用しています.(例:避難訓練・屋内ナビゲーション・化学学習)



4枚羽ヘリコプターの自律飛行支援

人が立ち入れないかつ,無線も届かない場所(例:原子力発電所内部,被災地)での各種調査や避難救助活動の支援を行うために,4枚羽ヘリコプター(クアッドコプター)が自律的に周りの状況を理解し動作を制御させるようなシステムの研究を進めています.



ARやVR技術を用いたピアノ独習支援

近年,タブレット端末の普及に伴い,ピアノをタブレット端末上で演奏する事ができるアプリケーションが開発されており,ピアノに対する関心が日々高まっていると考えられます.しかし,実際のピアノで演奏を行いたいと感じても,指導者がいない事や,独学で演奏法を学ぶ際も「指使い・読譜力・リズム感」など演奏に必要なスキルが多くあるため,初心者にとって気軽にピアノを演奏する障害となっていると考えます.そこで,指導者のピアノの指使いなどをAR・VR技術を用いて「マスターハンド」で再現をし,ピアノの独習を支援するようなシステムの研究を進めています.




AR技術や知能システムを用いた教育支援

学習者の自宅学習を支援するためのe-learningシステムが増えてきています.本研究室でも,自宅学習を支援するためのシステム・学習状況のチェックシステムとして,学習者の理解状況等を把握し,状況に応じたコンテンツを提供することで,学習者の理解向上を支援するシステムの研究を進めています.



ECサイトのレビューと消費者行動の相関分析

ECサイトのレビューコメントが消費者行動へ与える影響の調査を行っています.本研究室では,レビューコメントの内容や雰囲気が消費行動に対してどのような影響力があるのか,を知能システムを応用して解析するシステムの研究を進めています.



センサーデータを用いたテレワーカーの作業支援

新しい勤務形態としてテレワーク型の勤務形態が増えてきています.しかし,テレワーク型の勤務には,作業者(テレワーカー)が孤独感・疎外感を感じたりするため,必ずしも作業効率が良いとはいえません.本研究室では,テレワーカーの作業効率向上のために,孤独感・疎外感を軽減させるためのシステムの研究を進めています.



3D仮想空間を用いたオープンキャンパス支援

地方学生の首都圏受験が増えてきています.そこで,地方学生への大学のアピールが必要になります.しかし,従来のオープンキャンパスでは距離などがネックになり,地方学生がオープンキャンパスへ参加することが困難です.本研究室では,3D仮想空間でバーチャルオープンキャンパスを24時間365日実現することで,オープンキャンパスへ参加することが難しい学生を支援するシステムの研究を進めています.



マルチエージェントシステムを用いたネットワーク運用支援

ネットワークシステムの大規模化・複雑化にともない,ネットワークの運用・管理者には高度な経験的知識・煩雑な作業が要求されています.本研究室では,ネットワーク運用・管理者の負担を軽減するために,管理者の経験的知識を持つマルチエージェントシステムを用いたネットワーク運用・管理支援システムの研究を進めています.





Comments